家族の幸せ住宅研究会 轄オ峨ガスセンター ナイスホーム
京都府・京都市・向日市・長岡京市の建替え・新築・リフォーム・太陽光発電・W発電の家・長期優良住宅・省エネ住宅・住宅設備・ガスの会社
  




嵯峨ガスセンターは、私が生まれた一ヶ月後に誕生しました。
昭和36年の3月のことです。
まだ新婚の匂いが残る父と母の二人で創業したのです。

店舗は、自宅の1階の一部を改装して作りました。
若かった父と母の努力の甲斐があって、社員さんを雇うことも出来ました。

会社は順調に発展し、二年後には株式会社となりました。
当然、社長は父でした。

店舗の奥は住居でしたが、一部が事務所になり、社員さんの増加に伴い、
事務所の拡張を繰り返し、住居は2階のみになりました。

それまでも、2階に上がるには、事務所を通らないと行けませんでした。
しかし、ついに最後の拡張の時に、その階段さえも取り払われたのです。

そうすると、どこから2階に上がるのか?

私たち家族は物干し台に上がる階段を使い、2階の窓から家に出入していました。
当時、小学生の低学年だった私には、家がしょっちゅう変わるのが面白く、
なんの違和感もなかったのですが、
ある日、遊びに来た友達の何気ない一言・・・

「なかむらクンのおうちは、窓から出入りするんだね。」

そうかー、窓から出入りするのは、おかしいことなんだ・・・
私は、そんな感じに受け止めました。

でも、母には衝撃の一言だったようです。
「子供に惨めな思いをさせている・・・悔しい・・・」
と号泣していた母の顔を、私は今でも忘れることができません。


それからも、母は店舗と家の改造を繰り返していましたが、
次々に拡大する会社を前に何度リフォームをしても、
使い勝手がよくなることは、ありませんでした。

そのとき母は、よく言ってました。
「家は、3回建てないと、思い通りにはならない」

しかし、「家は3回建てないと・・・」と言っても、
子供心にも、そんなに3回も建てる人がいるのかな?と思ってました。
家は、一生に1回建てるか建てないかの大きな買い物なのですから。

その後の昭和48年、太秦に5階建てのビルを建てました。
事務所はそちらに移転しましたが、1階には店舗が残ってます。

ですから、家の出入りは、店舗を通らないといけません。
日中はいいのですが、夜に店舗が閉まってからは、
シャッターを開け閉めせねばなりませんでした。
特に、静かな夜には、大きな音がするので、すごく気を使ったのを覚えてます。





私が、18歳の時に父が亡くなりました。
脳卒中でした・・・。
46歳の働き盛りでの、無念の死。

朝、父が仕事の身支度をしている最中に、
私の目の前で崩れるように倒れこんでいきました。
ちょうど、母が旅行に行ってる最中で、家には私しかいませんでした。

救急車を呼んで、即病院へ。

病院でお医者さんが言います、「大丈夫ですか?」

「…ふぁ…ぃ…」声にならない・・・
この後、父の口から言葉が出る事はありませんでした。

父は、9日後の夜中に亡くなりました。
祖父母は元気でしたので、初めての肉親の死でした。

戦争に行ったことのある強くてたくましい祖父が、泣きました。
「何という、親不孝もんや。先に死ぬやつがあるか・・・子供が先に・・・」

でも、悲しみに暮れる間もなく、
お葬式の手配が、次から次から、山のようにやってきます。

まず、最初は、どこでお葬式をするのか?
当時は、今のように葬儀場というのがありませんでしたから、
家か、お寺か、公民館です。

母は、言いました。
「この家でやりたい・・・お父さんが、ここまで店を大きくしたこの家で・・・」

でも、現実的には店舗ですから、葬式をするスペースはありません。
葬儀屋さんも、言いました。
「商売をされてますので、たくさんの方がおいででしょうし、この場所では・・・」

そうなんです。
壁や仕切りが邪魔になって、どうしようもないのです。
壁や仕切りを取っ払うしか、手がないのです。

店の改装を常々頼んでいた工務店の大将に尋ねました。
「明日の晩がお通夜なんです、明日の昼までに場所を作ることは出来ますか?」

すごい無理を、とんでもない無茶を言っていることくらい当時の私でも分かります。

大将は、涙ながらに、答えてくれました。
「中村社長には、大変お世話になった。
うちがここまで大きくなったのも、社長のお陰だ。
よその現場を止めて、やらせてもらいます。」


本当に、感動しました・・・
涙が止まりませんでした。

これが、おかかえの大工さんというものなんだー、と実感しました。

しかし、一般的に、おかかえ大工さんがいる家庭は少ないですよね。
このような時、どうするのでしょうか?





最近よく聞かれる事ですが、
「なぜ、ここまでしっかりした家を建てられているのですか?」
「ガス屋さんなのに、新築やリフォームをやられているのは、なぜ?」

やはり少年時代に憧れた、おかかえの大工さんになりたかったんです。
それと、もうひとつの影響があの
「阪神淡路大震災」です。

当時、ガスの復旧作業として、私も社員を連れ現地に向かいました。
そこで私の目に飛び込んできたのは、建物があまりにも簡単に潰れてしまっていた事でした。

いくら高いお金を出して家を建てても、デザインばかりにこだわって大事な部分を忘れてしまうと
家族の命を守る事も出来ない。

私がやらなくてはいけないのは、たとえ震度7の地震がおこったとしても
家族の命を守ってくれる家なんだ!と思いました。

復旧作業には何ヶ月もかかりましたが、ようやく神戸も落ち着いてきた時、
あらためて地元京都の家を見て愕然としました。

「京都は古い家が多くある。そのほとんど全部が、次地震がおこった時に絶えられる家はない。
このままでは神戸の二の舞になってしまう・・・。
今、自分が建築家としてできる事・・・それは一人でも多くのご家族の命を守る事ではないのか?」

私はガスの事だけではなく、
本当に地震に強い家を建てていかなければならないと考えているのです。





家は一生に一度、買えるか買えないかの非常に高価なお買い物です。
そのために、絶対失敗する事は出来ません。

「家は3回建てないと思い通りにはならない」という言葉も
どこかの設計士が言い始めた事でしょうが、こんな馬鹿な話はありません。

ご家族の命を守るために、
初めての家づくりでも、あなたの思い描いているような家にする必要があります。

あなたの家づくりを大成功させるのであれば
当社が開催している現場見学会を見に来られてはどうですか?


本当に住宅の事を知りたいのであれば、モデルハウスなどを見に行くのではなく
あなたの目で、実際に建てている最中の家を見るのが一番です。
もしかしたら、あなたの家づくりへの考え方が180度変わるかも知れませんよ。



え?
そんな見学会に行けば、売り込みが心配ですって?

心配ご無用!
売り込みは、いたしません。
なぜなら、私が売り込みされるのが嫌いだからです。
自分がされていやなことは、他人にもいたしません。


私の名前は中村晃三(なかむら こうぞう)といいます。

建築用語でも、家の骨組みのことを『構造(こうぞう)』と言います。
これからも家の構造にこだわって、ご家族の命を守る頑丈な家を建てていきます。

それでは、見学会でお会いしましょう!




轄オ峨ガスセンター ナイスホーム   会長
          家族の幸せ研究会 主宰
          右京建築職人会 幹事


nice@sagagas.co.jp



右京建築職人会



追伸                  私の好きな言葉

          
 
     

                  このことを実感している今日この頃です。
                
                  あなたの夢を、実際に思い描いてみてください。
                  思い描けば、きっとかなうことでしょう!!

                 












                          このページのトップへ▲  



 

Copyright (C) SAGAGAS CENTER Co., Ltd. All Rights Reserved.
ブログ 社長の独り言